トランペット特集!関連記事まとめ




トランペットに関する記事を書きためたものをまとめてみました。

楽器に関すること、奏法に関すること、初心者さんに向けた記事など14記事。

一時はプロを目指すべく、バークリー音大出身であることが講師の条件という、音楽の専門学校で学んだメソッドなので、私的には驚きの連続でした。

「中高の吹奏楽部で受けた教育は何だったのか…」と肩を落とすことの連続で、ヒーヒー言いながら奏法を直したもんです。

専門学校で学んだことを元に、さらに勉強して手に入れた情報や備忘録的なものなど、トランペットに関することをまとめました。

よかったら、ご覧ください。


スポンサーリンク




トランペット選び、マウスピース選びに関すること


トランペットの値段!初心者に安いモデルは本当に買い?
「トランペット始めた~い♪ でも続けられるかわかんないから安いのがいい~^^;」わかります。その気持ち。トランペットも値段はピンキリ、安いのは1万円台からあります。さて、「安い楽器は本当に安いのか?」「楽器代以外にかかる費用とは?」検証していきます。


トランペットのマウスピースの選び方!最終的には自分に合わせて
トランペットをある程度吹きなれてくると、マウスピースが自分に合っているのか気になりだします。なまじ種類が多いだけに、マウスピース選びに悩んでいる人って多いですよね。これは私の備忘録です、現在のマウスピースに行きつくまでの道のりを書きました。

ヤマハトランペットマウスピース 中川モデルの使用感をレビュー!
たぶん、私はもうマウスピースを変えないと思います。その位このマウスピースは私にフィットしました。ジャズトランぺッター中川喜弘氏が、日本人の口に合わせて改良したと言われる、ヤマハ中川モデルマウスピースの個人的感想です。

ヤマハのトランペットのススメ!今はプロも使っています
ヤマハのトランペットというと、まだふた昔前の評価を引っ張って、「良くない」「つまらない」という人も多いですが、今のヤマハはなかなかどうしてバカにできません。品質もそうですが、国産品ならではのメリットを書いていきます。


ピッコロトランペットの吹き方のコツ!経験して知った3つのこと
トランペットをコレクションを始めると、一本は欲しくなる”ピッコロトランペット”。管理人も買ったクチです。しかし最初は鳴らすのに苦労しました。そこで、どのように吹いて鳴るようになったか?参考にした奏者などをまとめました。





初心者さん向けの曲 奏法等


トランペットで演奏したい曲!初心者でも楽しめるものをセレクト
トランペットある程度吹けるようになると、当然曲がやりたくなりますよね。初心者さんがやってみたい曲で人気なのが「天空の城ラピュタ」の「鳩と少年」だそうですが、ちょっと待ってください!あの曲結構難しいです。この記事では初心者さん向けの曲を紹介しています。

トランペットの練習方法!私が初心者のころやっていたこと
私のトランペットのスタートは中学校の吹奏楽部でした。ろくなメソッドもなく、いい加減な奏法で中高6年間を吹き通しました、その後、プロを目指すべく、音楽の専門学校へ行き、そこで奏法を大幅に直されることになります。その内容と、奏法を直して、どのような変化があったかを公開します。

メトロノームのテンポ記号一覧!一拍の速さはいくつ?
特にクラシックの楽譜に書いてある「Allegro」等のテンポ記号。「え…、これって四分音符でいくつ?」って迷うことありませんか? 管理人はしょっちゅうです(汗) なので、調べて書きとめました。楽典によってかなりバラつきはあるのですが、1つの例として見てください。



ちょっと高度な練習法


トランペットの楽譜の読み方!きちんと曲を演奏するために
楽譜は読めないよりは読めた方が、演奏がスムーズにできます。特にトランペットは単音楽器なので、和音を求められたときは和音の人数分楽器がいるので、フレーズを合わせるためにも楽譜読みは必須ですね。この記事では効率の良い楽譜の読み方を紹介しています


トランペットのタンギングのコツ!トリプルやダブルをマスター
16分音符や6連符が並ぶような速いフレーズに欠かせない、トリプルタンギングやダブルタンギング。でもマスターするにはなかなか大変ですよね。これも音楽の専門学校に行って学んだことを基本に、練習法を紹介します。私もこの方法を教わってトリプルタンギング、ダブルタンギングの練習がだいぶ楽になりました。

トランペットで高音を出す練習法!HighCまでならこれでイケます
トランペットの高音は吹く人みんなの憧れであり、また難関でもあります。「せめて…せめて…Hi-Cまでは出せるようになりたい。」そんな悩みに応えるべく、音楽の専門学校で得た知識を基に、私なりに考えた”HI-Cを出す方法”を公開します。

トランペット吹きの唇の筋肉の鍛え方3つ!効果的な練習のために
トランペットを長い時間練習していると個人差はあれど唇がバテてきます。高音が踏ん張れなくなるんですよね。この記事では、唇のバテる限界を伸ばせるようなエクササイズを紹介しています。



トランペットの運指表!上達の為に効果的な練習を
「トランペットって3つしか押すとこないのに何で音階が出せるの?」吹かない人が持つ素朴な疑問に答えるとともに、この記事では「替え指」に関しても触れました。「替え指」をマスターすることで手にできる、思わぬ副産物にも触れています。


トランペットの練習法!私はこれで欲しい音色を手に入れた
中高吹奏楽部時代、私は常に音色にコンプレックスを持っていました。「ビッグバンドやロックホーンの様なバリッとした音が出せるようになりたい」どうすれば出せるようになるかは、音楽の専門学校に行って初めて知ったのですが、これは私の備忘録です。




トランペットに関するアレコレをまとめさせていただきました。もっとも、私が経験したことを、書き連ねただけのものです。

「このようにしましょう」とは言いません。あくまで「私はこういう経験をしましたよ」というものです。

都合の良い部分だけ、使っていただくもよし、ご意見等ありましたら、コメント欄にて、お知らせいただければありがたいです。

トランペットの奏法、メソッドも数多くありますので、意見が分かれることもあるでしょうから。

最後に「人生でトランペットに出会えて本当によかったな」とつぶやいて、この記事を締めさせていただきます。




スポンサーリンク

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ