QBハウスでの頼み方!希望通りの髪型になるオーダー方法【経験談】

「あ~、東京へ遊びに行く前に髪の毛カットしたかったな~。いい加減伸びすぎてうっとうしいし。」

「でも、なじみの床屋さんの予約が取れなかったんだよな~。」

と、新幹線の窓に自分の姿をうつしながら、髪の毛をくしゃくしゃする管理人。


一通り用が済んで、後は新幹線で帰るだけ。

と言うところで、とある駅の中でウロウロしていたら、たまたま見つけた「QBハウスの看板」。


「ちょうど髪の毛カットしたかったしな~。さすがにうっとしくて嫌だし…。試しに入ってみるか!」

と思い、QBハウス初体験となったのであります。ところが、


「あれ?、管理人、やらかしちゃった?!」


と言う出来事があり、その事が原因で、ちょっと希望の髪型にできなかったんですね。という事で、

この記事ではQBハウスで髪型を頼むときに、覚えておきたい「基礎の基礎の基礎」を紹介しています。


あなたがQBハウスを利用する時に「やらかさないよう」に、どうぞご覧ください。





QBハウスの売りは”短時間でカットが終わる”という事です


QBハウスの”売り”は、主に

  • 値段の安さ
  • 待ち時間の少なさ
の2点ですよね。実際に「10分カット」と言うキャッチフレーズがあるくらいですから。


なので、管理人がしみじみ感じたQBハウスで希望通りのカットをやってもらう場合の「基礎の基礎の基礎」とは、

「10分を”大幅”に越えて、時間のかかりそうな頼み方をしない。」

これなんです。


管理人がQBハウスでかとしてもらった時の所要時間が約20分。本当にめっちゃ髪の毛を伸ばしていたんです。


と言うのも、管理人が髪の毛をカットをしに行く回数は3か月に1度。

(ハイ!そこのアナタ、”清潔感がない!”とかいうツッコミはしないように!)

  1. 1回のカットで思いっきり短く切ってもらい(それこそ、後ろ、横、てっぺん、前髪まで)
  2. 3か月くらいして耳が3分の2くらい隠れたらカットに行く
のが管理人流で、その時にだいたい4~5㎝はカットしてもらいます。


4~5㎝もカットすれば当然時間がかかる
→時間がかかれば待っているお客さんに迷惑がかかる
→理容師さんはそこそこの所で切り上げざるを得ない。


という事でイマイチ希望通りにならなかったという事です。


待ち時間に、他のお客さんを見回してみると、

  • 「え…、まだ全然カットする必要ないんじゃね…」と思えるお客さんや
  • さらに、注文の際も「そろえる程度でいいです~」と言うお客さんばかりで
ガッツリ短かくしてもらおうと思っていた管理人は、「あれ?やばくね…」と思ったわけです。


結局は理容師さんも嫌な顔をせずに切ってくださいましたが、しつこいですが所要時間約20分…。

「もうちょっとてっぺん切ってほしかったな~」という想いと、少し申し訳ない気持ちでQBハウスを後にしました。


と言う事で、極端な話ですが、

・後ろで結べるほどの長髪の方が(画像は女性ですが、男性でもいますよね)


・プロサッカー選手とか、プロラグビー選手のように短い髪形にするのは



QBハウスでは、かなり無理のある注文だと思います(あくまで管理人個人の感想ですが)。


QBハウスは「10分カット」をキャッチフレーズにしている以上、あなたのカットをするときに、

10分を”大幅に”越えそうな場合(30分だと完全にアウトのラインです)は、床屋か美容院へ行きましょう。


次の章では、「時短につながるQBハウスでの頼み方」について紹介します。


スポンサーリンク



注文のコツは細かすぎず アバウトすぎず はっきりと!


QBハウスで短時間でカットを終わらせるカギは何と言っても「頼み方、注文の仕方」にかかっていると言えます。頼み方が悪いと、

  • 時間がかかる原因になりますし
  • 時間がかかれば、希望通りの髪型にしてくれる確率も減ります
理容師さんは、あなたの注文をきちんと聞いてくださいますが、”後ろで待っているお客さんの視線が痛い”んですよ。


と言う事で、注文において大事なことは、

  1. 「どんな注文をするか?」は待っている時間に考えておく
  2. “どうしてもゆずれないライン”を持っておき、「それさえクリアしてくれればいい」くらいの気持ちで注文する
  3. 注文はできるだけ具体的に。但し細かすぎない事

になります。

そうなれば、必然的に”悪い注文の仕方”は分かってきますよね。


と言う事で、“悪い注文のしかたの例”がこちらです。

  • おまかせします
  • 仕上がってからの何回もの修正
  • 細かすぎる注文

1つずつ、見ていきましょう




おまかせします


理容師さんからすれば「まかせるって言われてもなぁ…」ですし、

  1. 前髪はこんな感じにしますか~?
  2. 後ろはどんな感じにしますか~?
  3. もみあげの長さと形はどうしますか~?
  4. 横と後ろはかりあげますか~?
  5. かりあげるのならどのくらいの高さまでかりあげますか~?
  6. てっぺんはどのくらい切りますか~?
  7. てっぺんはすきますか~?

と言う質問はしなくちゃいけないわけですから、「注文だけで10分くらいかかる」かもしれませんね。


さらに、もしあなたが、

「う~ん…、…やっぱり…、…おまかせします…。」

と言おうものなら、どんな髪型にされるか分かったものではありません。


なので、「おまかせします」は避けましょう。


仕上がってからの何回もの修正


これは完全にアウトです! これをしたいのなら、

  • 時間制限のない床屋さんか(1,000円台は結構ありますよね)
  • 美容室
に行きましょう。一旦仕上がって、理容師さんが、鏡で後ろも見せてくれて、

「いかがですか~?」

と言われた時に、

「あ、ここをちょっと直してください」

とあなたが言ったとします。ギリギリ2回が許容範囲ですね。


「あ、ここもちょっと直してください。」
「あ、ここも直してください。」
「ここも直してください。」
「ここも直してください。」





やり続けたら、理容師さんよりも先に、待ってるお客さん達から、

「後ろで私たちが待ってるのが見えないの!」

と集中砲火を浴びると思います。ですので、ある程度の妥協は必要です。


管理人が行った時には、パーマを当てているお客さんもいましたが、

「形を崩さず、全体的に短めにカットしてください。」

とだけ注文していて、結構いい感じで仕上がってましたよ。かかった時間は15分くらいだったでしょうか。


細かすぎる注文


  • 前髪はここの位まで切って
  • 横は、このくらいの長さで
  • てっぺんこの位の長さで
  • もみあげはこのくらいの長さで
  • もみあげの形はこれで
  • 後ろはこのくらいの長さで

長さはすべてミリ単位で指定での細かい注文。「注文だけで10分以上かかる」パターン。


その上、イメージ通りに仕上がらなかったら、

「あ、ここをちょっと直してください。」
「あ、ここも直してください。」
「ここも直してください。」
「ここも直してください。」


ここまでやると、お客さんはもちろんですが、理容師さんもさすがに”いい顔はできない”んじゃないでしょうか。

妥協するところは妥協しましょう。理容師さんのウデの問題ではなく、「短時間で仕上げる」と言うのがQBハウスのウリなので、

時間のかかるお客さんは当然敬遠されます。





ちなみに管理人はどう注文したかと言うと、

  • 横と後ろはかりあげてください。バリカンでいいです。
  • てっぺんは、立つか立たないかぐらいでお願いします。
  • 前髪はまゆげは完全に見えていいです。横とのバランスをとりつつお願いします。
  • もみあげは長さそのまま。バリカンで刈ってください。

それで、理容師さんに

「かりあげの高さは高めにしますか?、低めにしますか?」

と聞かれたので、「高めでお願いします」と言いました。

それで仕上がった後、理容師さんに鏡を見せられ、

「どうですか~?」

と聞かれ、

「OKで~す(本当はてっぺんをもうちょっと短くしてほしかったですが…)。」

と、答えて修正なしで終了。


20分もかかっていますから。しょうがないです。めっちゃ髪の毛伸ばしていた管理人が悪いんですしね(汗)。





QBハウスにメールで問い合わせてみました


さて、その後、QBハウスさんにメールで問い合わせてみました、

管理人が利用させてもらった時、あまりに髪を伸ばしすぎていて、それを一気に短くしてもらいました。

20分ほど時間がかかってしまったのですが、いいものなのでしょうか? 御社の見解をお知らせいただけるとありがたいです。

と言うような文面を書いて。


QBハウスさんからの返信がこちらです(原文そのまま)。


件名:QBハウスでございます。

ご来店ありがとうございます。

10分はあくまでも目安となりますので追加料金は必要ございません。

またのご利用をお待ちしております。

———————————————
キュービーネット株式会社
お客様相談部
———————————————

QBハウスさんから頂いた返信を引用



ま…、ちょっと質問内容からは外れていますが、要は

「多少時間がかかっても問題ありませんよ~。またご来店くださいね~^^」

と、と言う事なんだろうと思います。


とはいえ、実際に利用させていただき、雰囲気が分かった以上、次に利用させていただく場合は

「そろえる程度でお願いします。」

の一言で注文を終わらせるような、「前回カットから1か月くらいの髪型」で行こうと思います。







最後に


いかがでしたでしょうか。QBハウスで髪の毛をカットしてもらった体験をもとに、

  • QBハウスで感じた”暗黙の了解”とは
  • 注文のコツは細かすぎず アバウトすぎず はっきりと!
  • QBハウスにメールで問い合わせてみました

の3つの項目について書いてきました。


ちなみに場所はと言うと、東京都内、

・山手線
・京浜東北線
・総武線(中央線各駅停車)

が交差する、電気街と、萌え、ヲタク(管理人もですが…)の聖地が混ざっている場所。


理容師さんはかなり丁寧にカットされているイメージを受けました。休日と言う事もあったのかもしれませんが、

「10分で仕上げるぞ!シャカシャカシャカ!」みたいなあわただしい雰囲気はなくて。

雰囲気もオシャレだし、女性でも入りやすい店づくりを目指しているのかな?と思いました。


ウチの地元にはQBハウスは、車で1時間くらい行かないとないと思います。

しばらくはなじみの床屋さんにお世話になるでしょう。でも急ぐときはQBハウスですね。


この記事が参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事と広告

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ