母の日の贈り物!絶対にマンネリ化しないもの知ってる?




ゴールデンウィーク明け、今年も間もなく母の日がやってきます。さて今年は何を贈ろうか…家族で悩んでませんか?


hahanohi_wreath_arigatou


母の日というとカーネーションを贈って、何かプレゼントを贈って、という儀式みたいなもので終わりがちですが、毎回お母さん好みのプレゼントが見つかるわけでもありません。


でも…、だからといって、他のプレゼントも思いつかない。なので、今年も、お花や、お菓子や、衣料品など済まそうとしている?


これだと確かに、プレゼントとしては楽ですが、完全にマンネリ化していると思いませんか?


そんな状況で、ちょっとひねりを加えて、母の日にしてあげられることは何でしょう? を、考えてみました。


スポンサーリンク




母の日の一番のプレゼントは”休日”


この記事のヒントになったのは、私の友人(2人の子持ち)のある一言からでした。
友人のカミさんがふと口にしたそうです。「たまには、一人でホッとできる時が欲しい」と。


確かに、お母さんは、働いている人はもちろん、専業主婦でも毎日、掃除、洗濯、料理、その他家事全般、お子さんの世話で、心身ともに休める日がないですよね。そこで、今回は趣向を変えて、家族みんなで、お母さんに“休日”をプレゼントするのはどうでしょう。


  • 母の日はお母さんの目覚ましをこっそり止めてしまう。
  • 母の日に備えて、掃除、洗濯、簡単な料理(チャーハンとかがいいですね)の練習をしておく。
  • 最終的にお母さんの手をわずらわせないように、手を抜かない家事をする。


  • お母さんは最初は手持ち無沙汰で戸惑うかもしれませんが、じき、慣れるでしょう。もちろんあなた一人が家事を一手に引き受ける必要はありません、必要とあらば、家族の力も借りましょう。



    時にはお母さんを一人にしてあげよう


    いつもなら、家族全員、お母さんに頼りがち。


  • 「お母さ~ん、靴下どこにあるの~?」
  • 「お母さ~ん、これ洗濯しといてね。」
  • 「お母さ~ん、明日お弁当忘れないでね」


  • なんて普段の調子のあなたに、お母さんも、家事を家族に任せて大丈夫か? とやきもきするかもしれません。なので、母の日が近づいてきたら、掃除、洗濯をいつもどのようにやっているのか、教わっておくのもいいですね。意外とお母さんは、掃除、洗濯の方法にこだわりを持っているものです。


  • 洗濯の時には、この柔軟剤を使っているとか
  • 掃除の時には特にここをきれいにしているとか
  • あと、お母さんだけが知っている物の置き場所を聞いておくとか。
  • 料理はさすがにまねできませんが、簡単な料理を教わっておくとか。


  • (カレー、チャーハン、ハヤシライス、オムレツなんかはお勧めですね)


    そして、母の日当日は、日頃の家事から解放してあげて、一人で自由にしてあげる、というのもいいと思います。すべての家事から解放されて、のんびり近所へお出かけとか。



    お金がないのなら、労働力を提供しよう♪


    ゴールデンウィーク明けで、家族全員、懐が寂しかもしれません。カーネーションを贈るのもマンネリ気味ですよね。むしろカーネーションにお金をかけるなら、そのお金を、お母さんが一人で羽を伸ばせるように、ウィンドーショッピングや映画鑑賞でも行けるように、お母さんに渡すのもいいかもしれません。


    カーネーションってだいたい相場が2500円ってところですもんね。


    交通費に→1000円
    映画鑑賞代に→1800円
    ウィンドーショッピング→タダ


    そして、お母さんが、外での娯楽を満喫している間に、家族で、掃除、洗濯、料理、その他家事全般をやっておく。もちろんお母さんにゆっくり寝てもらうというのもアリです。


    お母さんがヤキモキするか、休日を満喫するかはお母さん次第ですが、お母さんをヤキモキさせないように、きちんと家事全般こなしましょう。


    もちろん、お母さんと全く同じレベルで家事をこなす必要はないんです。お母さんがヤキモキしない最低限のレベルをクリアすればいいんですから。


    スポンサードリンク




    最後に


    確かに家族っていいもんですよね、でも、いつも一緒にいると、たまに窮屈に感じる時があります。お母さんも、たまには家族のしがらみのすべてから解放されて、一人になりたい時があるんです。


    そこで、お母さんに一人になれる時間を贈る。また、


    母の日におくるものは、別に物である必要はないんです。お母さんの代わりに、家事全般をやることで、お母さんが普段どれだけ大変な思いをしているのか。というのを知るのにもいい機会だと思います。


    たった1年に1回かもしれませんが、お母さんの手をわずらわせずに、1日中自由にしてもらう。
    最後に「お母さん、いつもありがとう」のメッセージカードを添えると尚いいですね。


    母の日という一日に、今年は”自由”というプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか^^


    dearmom

    スポンサーリンク

    コメントを残す




    サブコンテンツ

    このページの先頭へ