ソフトクリームとアイスクリームの違い!その定義とはコレ!




これから徐々に暑くなって、冷たいお菓子がおいしい季節になりますね。一番身近なのは、コンビニのアイスクリーム。その次はこれもコンビニのかき氷。


そして次にメジャーなのが、ミニストップや、マクドナルド、観光地などで売られているソフトクリームですね。


このうち、かき氷は氷を削ってできるものだという事が分かるのですが、問題なのは、ソフトクリームとアイスクリームですね。

  • どこが違うのか
  • なぜ”ソフトクリーム”と”アイスクリーム”と呼び名が違うのか?

私の頭の中にモヤモヤがまた出てきました。”ソフトクリーム”と”アイスクリーム”どこが違うのか、調べてみました。


スポンサーリンク





結論!!ソフトクリームはアイスクリームの仲間です!


ハイ! いきなり結論言っちゃいました。ソフトクリームはアイスクリームの仲間です。違うのは固さ。


  • アイスクリームが固いスプーンで食べなくちゃならないのに対して
  • ソフトクリームは、唇で簡単に噛み切れるし、スプーンでもまったく手ごたえ無くすくえます。

簡単に言っちゃえば、ソフトクリームを固めたのがアイスクリームなんですね。
ソフトクリームをマイナス30℃で急速冷凍し、マイナス18℃で保存してるのがアイスクリームというわけです。


ちなみに英語圏でソフトクリームは「soft serve(ソフトサーブ)」または「soft serve ice cream(ソフトサーブアイスクリーム)」と呼ばれ、「soft cream」という言い方はは通用しないのでご注意を^^; 


スポンサードリンク



“アイス”の種類


一口にアイスクリームと言ってしまいますが、アイスは、乳固形分、乳脂肪分、の含有量で、


  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス


の3種類に分かれます。食べてみると違いが分かりますが、やはり、ランクの高いアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの順番にコクがあり、舌触りも滑らかですね。


そんなわけでアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの順番で値段が高く、ソフトクリームもアイスクリームの原料で作られるので、少々値が張るというわけです。ちなみに乳固形分、乳脂肪分の割合は


  • アイスクリーム 乳固形分15%以上 乳脂肪分8%以上
  • アイスミルク  乳固形分10%以上 乳脂肪分3%以上
  • ラクトアイス 乳固形分3%以上  乳脂肪分3%以上


となっています。


0a7a4afa23fc998b5ec47673d1bc597c_s


ソフトクリームって何℃で固まっているものなの。


ソフトクリームも、アイスクリームほどではないにしても、固まっています。ソフトクリームを売っているところに行くと、マシーンがありますよね。


あの中でに液体のソフトクリームのもとを入れて、-5~7℃で冷やしながら、空気を入れてふんわりされるためにかき混ぜているんですね。


ちなみに、空気の含有量を、オーバーランと言い、オーバーランが高いと、ふんわり滑らかに仕上がり、オーバーランが低いとシャリシャリで重めに仕上がります。


個人的には、オーバーランの高いふんわりした方が好きですが、観光地などでソフトクリームを食べ歩きすると、オーバーランも含めて、個性があってなかなかにおいしいものがあります。


d97e38c342de0728eb499502401e60d1_s


最後に


いかがでしたでしょうか? ソフトクリームはアイスクリームの仲間で、マイナス30℃で固く冷やしてしまえば、アイスクリーム、マイナス5~7度で柔らかく仕上げればソフトクリームという事です。


材料も、一番ランクの高い「アイスクリーム」なので、値段がちょっと高めなんですね。一番手頃にソフトクリームを買えるところというと、マクドナルドか、ミニストップになりますが、マクドナルドのは100円で安いですが、ちょっとシャリシャリ感がありますね。


ミニストップのものは、コクがあって、舌触りも滑らか。ミニストップを見つけると、ついついソフトクリームを注文してしまいます。


後は観光地のソフトクリームなんかも、色々な味があって、旅の楽しみの一つですよね。先日、テレビでミソソフトクリームというのをやっていました。
いったいどんな味なんでしょう。


ちょっと、そそられますね^^


スポンサーリンク

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ