ホワイトデーにマシュマロを贈る意味!相手に誤解されないために




今年のバレンタインデー、チョコはもらえましたか?

 
本命チョコをもらったあなたは良かったですね~。
またもらえた相手が、あなたにとってまんざらでもない相手なら


超ラッキー!!ですよね。


残念ながら本命チョコをもらえなくとも、義理でももらえれば
ちょっとウレシイですよね。


相手の女性は風習のつもりで淡々と渡しただけかもしれませんが、
少なくとも、気にかけてもらえてるということですもんね。


ホワイトデーのお返し、何を贈ろうか思案のしどころですよね。
真っ先に思いつくのがスイーツですが、実はこれがくせもの。


スイーツには花言葉のような、暗黙のメッセージがあって
贈るもの、相手を間違えると、人間関係にヒビが入りかねない…。
なんてこともあるのです。


この記事ではスイーツの意味、贈る相手などについて
触れていきたいと思います。が、


まず最初に触れなければいけないのが、


スポンサーリンク




マシュマロは本命にも義理にも贈ってはNG!です



管理人は、偶然にもマシュマロをホワイトデーに贈った事がないので
ずっとセーフだったのですが、世間的にはホワイトデーっていうと
お返しはマシュマロってイメージがありますよね。


ところが、このマシュマロのお返し。実はNGなんです。


いつの間に定着してしまったのか、マシュマロのお菓子言葉(?)は


「あなたが嫌いです」


なんだそうで、さすがに”嫌い”と、ストレートに言われれば、
誰でも傷つきます。


なので、たとえ意中でない人から本命チョコをもらったとして
嫌いと言いたい場面でも、もうちょっとオブラートに包んで
答えたいもの。



義理チョコのお返しも同じで、たとえ風習であっても、
いただいたものに対して「嫌いです」のメッセージを乗せるのは
やはりどうかと思いますし…。


基本マシュマロはホワイトデーのお返しにはNGだと思ってください。


しかし、実はマシュマロにも例外があります。



マシュマロを贈ってもいい場合


ちょっと脱線するんですが、ホワイトデーの起こりを紐解くと、
一説には昭和52年に石村萬盛堂というお菓子屋さんが考えた、


「マシュマロデー」があり、


“チョコをくるんだマシュマロ”をバレンタインデーのお返しに。
とうたわれた時期があり、それがホワイトデーに発展したという
説があるのです。


(ただこの説には別の説もあり、バレンタインのお返しに
 お菓子を贈る習慣はもっと以前からあったが、○○デーと
 定着しなかったという説もあります。)


で、


石村萬盛堂のチョコマシュマロなら、


「これがホワイトデーの原点なんです。決してあなたのことを
 嫌いなわけじゃないんです。」


と一言添えればセーフなのではと管理人的には思います。
HPで確認したんですが、石村萬盛堂のチョコマシュマロって
おいしそうなんですよね^^


marshmallow


スイーツにはそれぞれ意味がある


そのほかに挙がってくるスイーツというと、


・マカロン
・キャンディ
・クッキー



というあたりがでてくるのですが、この順番で好意の
レベルが高くなってきます。


・マカロン→大切な人
・キャンディ→あなたのことが好きです
・クッキー→お友達です



クッキーなんかは、口に入れるとさらっととろける舌触りが
さらっとした関係でいましょう、という意味のようですね。


なので、義理チョコのお返しには一番向いているかと。


これで行くとキャンディ、マカロンは本命用かな~、となるんですが、
マカロンは女子に人気が高いので、メッセージカードに義理用の文章


例 「いつもお世話になってます」
  「これからもよい仲間でいてください」
  「これからもよい友人でいてください」



などを書く余裕があるのなら、マカロンを義理チョコのお返しに
するのもありだと思います。



あえてこのスイーツのメッセージを逆手にとってみる


あと、これは上級テクニックなんですが、義理チョコのお返しに
あえて、本命用のマカロン、キャンディを贈るというもの。


一歩間違えれば、お互いの関係がギクシャクしてしまいますが、


・嫌いではないよ(^^♪
・好きまでは行ってないけどお互いちょっと気になる♪



というのが感じ取れたならば、


(もちろん十分なリサーチが必要です。一人相撲ということも
 あり得ますので…、友人を巻き込んでリサーチするくらいは
 やらなきゃだめですね。)



メッセージカードなしで贈るのもありだと思います。


(いざとなったら「知らなかったです~」で逃げる(笑))


white_day_present


スポンサードリンク




最後に



しかし、ホワイトデーのお返しにマシュマロがNGだとは…。
いまだに知らない人も多いんじゃないでしょうか。


(でも石村萬盛堂のチョコマシュマロは本当においしそう)


管理人もこのことを知ったのがつい最近ですから。


たまたまクッキーや、チョコばかりを贈っていて、運よく
セーフだったというだけで。


あと、私のいる会社は女子社員が少なくてお返しも少なくて
いいのですが、


大手企業の女子社員の多いところでは、義理チョコをくれた人全員に、
同じものをあげるなど、気遣いも必要で、大変そうですね。


この記事が少しでもあなたのお役に立てることを願って
締めたいと思います。


white_day_cookie

スポンサーリンク

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ