前歯の差し歯は保険で治るよ!自費診療と違うのはココ




忘れもしない、小学5年生の時です。自転車で勢いよく転びました。立ちこぎをしていて、ペダルを踏み損ない、顔から思いっきりアスファルトにたたきつけられました。


顔面擦り傷だらけになり、傷を消毒、治療し、さほど痛みもなくひと安心。ところが、夜、歯を磨いたときに気づいたのです。

なんか前歯がしみるな~と。何でだろう?



鏡で歯を見てみると、前歯が欠けている…。そう、自転車で転んだときに、前歯を折っていたのです。


それで、治療しようと、近くの歯医者数件に聞いてみたところ、

「前歯の治療は保険がきかないので、自費診療になり、3万円ほど(33年前当時で)かかる。

といわれ、治療を断念。中学校半ばまで、前歯の無い状態で過ごしました。ウチ、ビンボーだったもので(笑) 口開けるとまぬけ面でしたね~。


ところが、ウチの親もやるものです。そんな管理人を見かねて、どこからか聞いてきてくれたんですよ(^o^)v


スポンサーリンク




前歯の治療は保険が効きます!


そうなんです。保険で前歯を治療してくれる歯医者を見つけてきてくれたんです。それが中学2年の時です。喜んでその歯医者に行きました。


治療費は確か2900円(33年前の治療費です)でしたね。今でも覚えています。


おまけに保険で治してくれた歯医者さんから

前歯の差し歯の保険診療はどこでもやっているはず。言わないだけだ。

という”黒い話”も聞きました。


では、なぜ、最初に聞いた数件の歯医者が「前歯の治療は保険が効かない自費診療になる。」と言ったのかは後述するとして、

保険を使う治療と自費診療の内容の違いを説明していきましょう。



保険を使う治療と使わない治療の違い


ここで、保険を使う治療と、保険を使わない治療(以後自費診療と言います)の違いを見ていきましょう。

保険を使う治療 自費診療
差し歯の材質 既製品のプラスチック オーダーメイドのセラミック
見た目 少しすき間ができる(歯医者の腕次第) ぴったりとはまる(ただし歯医者の腕次第)
耐久性 数年から10数年で割れる 数十年はもつ

確かに自費診療の方が見た目も美しく、耐久性もあります。ただし値段はかなり高いです
(1本9万~17万円-2016年現在-)


保険を使う治療は、

  • 歯茎が黒くなる
  • 差し歯がプラスチックで汚れやすい
  • 既製品なのでフィット感がイマイチ

という欠点はありますが、正直、芸能人や水商売の人でもなければ、歯1本に9万から17万も出してきれいな差し歯を入れる必要は無いと思います。

参考までに管理人の歯を載せておきます。どれが差し歯か分かりますか? 


1 006_R

私、2016年6月現在47歳。初めて前歯の治療をしたのが14歳の時。歯は2度割っているので、都合3回交換しています。今の差し歯になったのは、およそ10年前ですね。


特に歯茎周りを見てください。33年たってますが、黒くなるといってもこの程度です。


最近は保険の効く前歯の差し歯でも質が上がってきているので、よほど口元を気にする人でなければ気づきません。もちろん、歯医者の腕にもよりますが。


保険の効く前歯と自費診療の前歯の一番の違いって、実は歯の裏側の厚みなんですよね。

本人は多少気になりますが、他人から見えるものではないので、自分から言わなきゃまず他人から言われることはないですね。


スポンサードリンク




なぜ、保険の効く前歯を勧めない歯医者が多いのか?


答えは2つ、1つは本当に患者を思っての事。自費診療のセラミックは

  1. 変色しにくい
  2. 歯が折れにくい
  3. 虫歯になりにくい
  4. 汚れが付きにくい
  5. 歯を削る量が少ない

というメリットがあり、美しい歯を望む、特に女性に好まれるからという理由。


もう1つは、「保険の効く前歯の治療は儲からない」ということ。患者にとっても3割負担でもちろん安いのですが、歯医者にとっても、保険の効く前歯の差し歯は原価が安くもうけが少ない。というのがあります。


どちらかというと「儲けが少ない」という理由の歯医者の方が多いようですね。


あくまで、管理人個人の感想ですが、確かに自費診療の差し歯の方がきれいなのは認めます。また、強度的にも自費診療のセラミックは確かに強いです。

事実、保険診療の管理人のプラスチック差し歯は2回割って交換してますしね。ただ、自費診療に保険診療の10倍の価値を見いだせるかなんですよ。問題は。

管理人は保険の効く歯で十分だと思いますが、あなたはどう思われますか?


0eea40d3169b163b073eb7d9905eaa5b_s_R

最後に


いかがでしたでしょうか。今はネットがあるので、前歯の治療にも保険が効くという事が知れ渡るようになりましたが、私が歯を折った30ウン年前というと、口コミくらいしか頼れるものがありませんでした。


昔は、たとえ保険で治せようとも、歯医者に断われればあきらめるしかなかったですもんね^^ゞ


過去3回歯を割って、そのたびに治療してもらって、保険の効く義歯もどんどん質が良くなっていってるのを感じます。

だんだん、交換の周期が長くなってきてますから。最初のが9年、次のが12年、今のはあと何年もつんでしょう?


次回も保険でやってもらうつもりです。いい歯医者も見つけましたし^^

スポンサーリンク

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ