写真保存のおすすめ方法!大切な思い出を守る2つの選択とは

あなたには、大切な人がいますか?

  • 子供であったり
  • 家族だったり
  • 親だったり
そして、その「大切な人との思い出の1コマ」を、写真に撮って、記念に保存していませんか?

今は写真の保存ってすごく楽になりましたよね。

  • デジカメやスマホで撮影して
  • パソコンやスマホ、外部ハードディスク、SDカード等のメディアにため込んでおいて
  • データをプリンターに移して印刷

これで終了~♪ですもんね。


ですが、ここで管理人、あえて言いたいんです。


「本当にそれでいいのですか?」


と。


今回の記事は、管理人がたまたま見たニュースでの「町の写真屋さんの生々しい証言」「管理人の体験」を元に書いています。

それでは、あなたが撮影した大切な写真を保存するための、

  • 管理人がおすすめする2つの方法
  • なぜ、管理人はその方法をおすすめするのか?

についての記事、どうぞご覧下さい。





管理人が写真を保存するおすすめの方法とは


今どき、よほどの写真マニアでなければ、「フィルム式のカメラ」で写真など撮っていないでしょう。

ですので、ここでは、デジカメやスマホなどのカメラで撮った「写真データの保存方法」についてお話します。

ズバリ!管理人のおすすめは以下の2つ

  • パソコン、ネットに詳しければ、オンラインストレージに保存
  • パソコン、ネットに詳しくなければ、写真屋さんで「銀塩プリント」をお願いする

他にも方法はありますが、少なくとも「絶対に失いたくない大切な写真」に関しては、この2つの保存方法以外は、おすすめしません。

理由は後の章で詳しくお話しますが、この章では「管理人は”東日本大震災”の被災者である」という事だけ話しておきます。


それでは、次に

  • オンラインストレージって何?
  • 写真屋さんの「銀塩プリント」って何?
という疑問に触れていきましょう。




オンラインストレージとは


オンラインストレージとは、ものすごく簡単に言ってしまうと、

「あなたが撮った写真データを、ウチが持ってるサーバーで預かりますよ~。」

と言うものです。一般的に、

「あまりにも写真を撮りすぎて、パソコンやスマホの中に収めきれない」

という人が使っています。メリットは、

  • オンラインストレージに写真データを逃がすことで、パソコンやスマホの空きデータ容量を増やす事ができる
  • IDとパスワードさえ覚えていれば、どんなデバイス(パソコンやスマホ)からでも写真の閲覧ができる
事ですね。比較的とっつきやすいものとしては、

  • Googleフォト
  • AMAZONプライムフォト
  • OneDlive(ウインドウズで有名なマイクロソフトが提供しています)
  • iCloud(iPhoneで有名なアップル社が提供しています)

があります。しかし、

  • OneDlive
  • iCloud
は、維持費が高いという欠点があるので、あまりおすすめはしません。

参考までに各オンラインストレージの維持費(2018年7月現在)を載せますと、

Googleフォト
料金 容量
1枚1,600万画素までの「高画質コース」なら無料 無制限

AMAZONプライムフォト
料金 容量
アマゾンプライム会員費、月額400円か年額3,900円を選択 無制限

OneDlive
料金 容量
無料 5GBまで
年額で初年度約12,000円。次回更新から約6,000円(Office365Soloを購入する事で使える) 1TBまで
 
iCloudフォトライブラリ
月額料金(税込) 容量
無料 5GB
130円(年額1,560円) 50GB
400円(年額4,800円) 200GB
1,300円(年額15,600円) 2TB
となります。

写真の容量の目安はこちらが参考になるでしょう。

風見鶏 容量の目安

特にデジタルカメラで撮った時の標準規格、RAWファイルですと、5GB位じゃ全然足りないことが分かります。


そして、見て頂ければわかる通り、「Googleフォト」か、「AMAZONプライムフォト」の2択なんですよね。なので、次の章からは、

  • Googleフォト
  • AMAZONプライムフォト
の特徴を説明していきます。




Googleフォト AMAZONプライムフォトの特徴


まずは両方の特徴をざっくり言ってしまうと、

  • Googleフォトは主にスマホで写真を撮る人向け
  • AMAZONプライムフォトはデジカメ・1眼レフカメラも使いこなす人向け

のオンラインストレージと言えるでしょう。

それでは、まず料金からおさらいです。

Googleフォト AMAZONプライムフォト
無料 アマゾンプライム会員費が必要。月額400円または年額3,900円(2018年7月現在)を選択

容量
Googleフォト AMAZONプライムフォト
無制限※注 無制限
※注 
但し1枚1,600万画素の「高画質モード」使用時に限ります。1600万画素より画素数の大きなものは自動的に圧縮。


圧縮したくない場合には「元のサイズモード」が選べますが、容量は15GBに制限されます。

Googleフォトの「元のサイズモード」15GB以上の料金に関してはこちらが参考になるでしょう。

「Googleフォト」の容量制限とストレージの追加方法と料金を解説!


対応写真ファイル形式(拡張子)
Googleフォト アマゾンプライムフォト
Google フォトで使用できる拡張子一覧(外部リンク)※注 Amazonプライムフォトで容量無制限になる拡張子(外部リンク)※注2
※注 デジカメで一般的に使われる「RAW形式」には非対応
※注2 デジカメで一般的に使われる「RAW形式」にも対応




Googleフォト AMAZONプライムフォトの始め方 使い方


これに関しては、管理人が書こうとも思ったのですが、調べたところ、管理人の何倍も詳しく、分かりやすく説明していたサイトがありましたので、そちらを紹介します。

参考にしてください。

Googleフォトを利用する方法

Googleフォトを利用する方法
Googleフォトの使い方 – 3分で分かるはじめてガイド

Googleフォトを始める時に「Googleアカウント」というものが必要になります。取得方法はこちらをご覧ください。
Googleアカウントの新規作成方法をどこよりも丁寧に説明するよ

 

Amazonプライムフォトを利用する方法

Amazonプライムフォトを利用する方法
Amazon『プライムフォト』の使い方 – 無劣化&無制限で写真アップロードし放題の神サービス。注意点アリ 

Amazonプライムフォトを利用するには、Amazonアカウントが必要になるのですが、Amazonで普段から買い物をしていれば、既に持っているはずです。それが使えます。

Amazonアカウントをこれから取得する場合は、こちらが参考になりますのでご覧ください。
Amazonのアカウントを登録する方法。ニックネームの登録でも大丈夫?




Googleフォト AMAZONプライムフォトを使うにあたって注意する事


特にGoogleフォトなのですが、2点注意してください。

Googleフォトで画像を削除すると、端末の画像も削除される


Googleフォトが端末と同期している場合、Googleフォトの画像を削除すると、パソコン、スマホ等にに保存していた画像も削除される可能性があります。

「端末の画像が削除されない方法」はあるにはあるんですが…。多少難しくて面倒なのは覚悟してください。慎重に手順を踏めばできます。

1600万画素までの写真という制限付きとはいえ、無料、容量無制限はやっぱり魅力的ですから。


数々のサイトの中から「一番わかりやすく説明しているもの」をあげておきます。参考にしてください。

Biglobe Googleフォトの写真を、端末に残したまま削除する方法 


児童ポルノ規制に注意


Wikipediaにこのような事が書いてありました。

Googleは児童ポルノに対しては特に厳しい態度をとっており、アップロードした写真の中にそのようなものが含まれると、即座にアカウントが停止される。これは、自分の子供の写真(例えば着替えているところやおむつを替えているところなど)ももちろん対象となるので注意が必要である。アカウントが停止された場合、Google フォト内の写真のみならず、GmailやGoogle ドライブなど他のサービスの内容も完全に失われる。



たとえあなたの娘さん、息子さんでも

  • 裸の写真をアップロードしたら完全にアウトです
  • 水着写真でも危ないでしょう

また、Googleはお問い合わせ窓口を開放していないので、不安に思えたらGoogleフォト自体を使わない方がいいですね。

それと、SNSでの話ですが、実の子が、「昔おむつを替えられている自分の写真」を親が公開していた事で、親を裁判で訴えたという例もあります。参考までに。

10代の女の子、赤ちゃんの頃の恥ずかしい写真をFacebookに公開した両親を訴える

親にとっては「可愛い我が子の記録」でも、子供からしてみたら、「見られたくない恥ずかしい写真」でしかないという事ですね。


ちなみに、アマゾンプライムフォトの方では、調べた限りでは、児童ポルノに関する規制は出てきませんでした。

が、「我が子の裸の画像」はアップロードしない方がいいでしょう。


スポンサーリンク



銀塩プリントって何?


銀塩プリントとは、いわゆる「写真屋さんのプリント方法」です。

  • お近くの写真屋さんや
  • ネットプリント

で出来ます。一応フジフィルムのネットプリントのリンクを貼っておきます。

富士フイルムネットプリントサービス

ちょっと高くはなりますが、

「オンラインストレージとか、分からない。」

という場合におすすめです。


また銀塩プリントは、寿命が50年と言われているので、「大切な写真を長く残したい」という時にもいいですね。


参考までに、一部写真屋さんに設置してあるフジフィルムの自動プリント機「プリンチャオ!」でプリントした写真。

フジフィルムさんに問い合わせたところ、

「昇華型(プリント方法の事です。一部機種にインクジェット式があるそうです)のプリンチャオ!」でプリントした写真は、銀塩プリントよりも強い

そうです。但し、寿命は約20年との事。お子さんの成人式まで持たないのはどうかな…。とは思いますね。




簡単便利な画像整理デバイス”おもいでばこ”


「おもいでばこ」とは、パソコン関連機器会社バッファローが発売している、写真データ・動画データ取り込み機器の事です。

パソコンが苦手でも扱える所が特徴です。但し、HDMI端子付きのテレビかモニターがないと初期設定ができません。ご注意を。

詳しくはこちらをご覧ください。

バッファロー おもいでばこ 


家族がバラバラに大切な写真ファイルを持っているのなら、この「おもいでばこ」で集めて整理してから、オンラインストレージサービスにアップロードするのもいいですね。

「おもいでばこ」は、Amazonからでも購入が可能です。もし気になりましたら、下のリンクから詳細をご覧ください。

1TBモデル


2TBモデル



管理人が大切な写真の保存方法にこだわる理由


管理人が「大切な写真の保存」に

  • パソコン、ネットに詳しければ、オンラインストレージに保存
  • パソコン、ネットに詳しくなければ、写真屋さんで「銀塩プリント」をお願いする
方法をおすすめし、インクジェットプリンタをおすすめしない理由は、いたってシンプル。

「アクシデントや災害時に備えての事」です。

アクシデントと言ってすぐに思いつくのが、画像を保存していた、

  • パソコン
  • 外部ハードディスク
  • スマホ
  • タブレット
  • DVDまたはブルーレイディスク
  • SDカードなどのメモリデバイス

が壊れてしまう事。壊れてしまえば当然画像データは消えます。


DVDやブルーレイも保存方法が悪ければ、いつの間にか「読み込み不可」になっていたりして…。

またDVDやブルーレイは「かさばる」というデメリットもありますね。




そして、管理人はここを強く言いたいのです。「災害時の場合」ですね。

  • 火災
  • 地震
  • 水害

など。いざこういう災害に会ってしまったら、外部ハードディスクでさえも、持っていく暇はありません。

  • 一刻も早く逃げなくてはいけない
  • 最悪、着のみ着のまま逃げなくては命にかかわる

管理人、冒頭でちらっと触れましたが、「東日本大震災」を経験しています。

津波が襲ってきたら、「身一つで(安全のために靴だけは履いて)高台へ全力疾走」しなければ、命の危機にさらされます。


持って行ける訳がありませんよね。画像を保存したデバイスとか、写真を保存したアルバムなんて。


そして、塩水や泥水に浸かってしまえば、パソコンなどのデバイス類、DVDやブルーレイ、SDカードなどの記録メディアは完全にアウトです。

インクジェットプリンターでプリントした写真も、インクが水溶性のものが多いのでもちろんアウト。


津波が来た後のがれきの中から掘り出されたアルバムのうち、比較的ではありますが、生き残ったのが、写真屋さんの「銀塩プリント」だった。という事です。

冒頭でちょっと触れた「町の写真屋さんの生々しい証言」とは、まさにこのことで、


「本当に大切な写真なら、写真店でのプリントをおすすめします」


と言っていました。写真会社大手のフジフィルムが、こういう活動をしています。詳しくはこちらをご覧ください

フジフィルム 写真でつながるプロジェクト 


また、オンラインストレージは、IDとパスワードさえ覚えていれば、新しくパソコンやスマホなどを買う事で、アクセスして画像を取り戻す事ができます。なので、強くおすすめしてきました。


スポンサーリンク



最後に


いかがでしたでしょうか。絶対に残したい大切な写真は、

  • パソコン、ネットに詳しければ、オンラインストレージに保存
  • パソコン、ネットに詳しくなければ、写真屋さんで「銀塩プリント」をお願いする

という方法を選びましょう。という事についてお話してきました。


管理人は、「東日本大震災の被災者」ではありますが、内陸の人間だったため、幸いにも津波被害には会わずに済みました。

でも、津波被害にあった沿岸部の方たちは、大切な人を亡くした方も多く、また、大切な人との思い出である”写真すら”も無くした方が多かったのです。

その方たちの心情は察するに余りあります。


まだまだ、他人事と思われているあなたのために、このリンクを載せておきます。

内閣府防災情報 想定される大規模地震 

あなたの住んでいる場所はどうですか? 備えておいた方がいいと思いませんか?


また、自分の地域は確率が低いからと言って、油断はできません。

熊本地震や大阪北部地震の起きた地域は「決して確率の高い地域」ではありませんでした。今やどこで地震が起きてもおかしくはないのです。


地震が起きれば、当然、火災、津波、家屋倒壊のリスクにさらされます。

本気で、「大切な写真を残したい」のなら、この記事に書いた事、ぜひ実行してください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事と広告

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ