敬老の日のプレゼントにお菓子を!管理人のおすすめ5選

9月の第3月曜日は敬老の日。2015年は9月の21日ですね。おまけに言うなら、9月の23日が秋分の日なおかげで、間の9月22日が祝日法により、国民の休日となり、土日祝休みの企業なら5連休が取れます。

8月はお盆の4連休が取れるし、父方、母方、両方の実家に帰省するという方も多いのではないでしょうか。可愛いお孫さんの姿を、両親に見せたいですもんね^^

特に小さい内は1年でものすごく成長しますから、父方、母方のじぃじとばぁばも、孫の成長を見たいというもの。

なので、敬老の日の一番のプレゼントは、会いに行くことなんですが…。

一番いいのは会いに行くことなんですが…

関東在住のウチの父親なんかは、私の妹がすぐ近くに住んでいるので、しょっちゅう孫の顔を見ているようですが、旦那さんが関西の人なので、シルバーウィークは、たぶん、旦那さんの実家に、孫の顔見せに行くと思います。

こういう風に夫婦どちらかの親御さんが、近くに住んでいるという場合は問題がないんですが、大変なのは、夫婦両方とも実家が遠方という場合ですよね。たとえば父方の実家が秋田県で、母方の実家が熊本県とか(クレ○ンしんちゃんみたいな^^;)

こんな場合は、会いに行くとなると、お盆、シルバーウィーク、どっちを父方、母方で選ぶかで迷うところ。シルバーウィークで行くときは、一緒に食事位で事足りますが、行けない場合は、敬老の日のプレゼントにもちょっとひと工夫欲しいところ。

とはいっても、何年も贈ってるでしょうから、

keirou_family

敬老の日のプレゼント、花や物は溢れ返ってます

父方の実家も、母方の実家も、花や物は、溢れかえってるかもしれませんね。実際うちの近所でもそんな話は聞きますし、

「花よりも、会いてえなぁ…」

なんて、つぶやきも聞こえます。肩たたき券、お手伝い券の類も、たまってそうだし、茶碗なども用たりてそうだし。

でも手作りのものは喜ばれますね。孫が作ったビーズ細工とか。孫ががんばって作った編み物とか。あと、やはり贈って間違いの無いものは”消え物”食べてなくなるものですね。

その中でも、比較的日持ちするお菓子類が好まれるようです。なので、ここは、管理人が独断と偏見で選んだお菓子類おすすめ5選を紹介していきたいと思います。

keirou_couple_flower

管理人の選ぶ敬老の日のお菓子おすすめ5選

菓匠三全「萩の月」

トップバッターはやはり管理人の地元東北から、菓匠三全「萩の月」。酒豪でヘビースモーカーだった父親も歳を重ね、すっかり丸くなり、今では甘いものが欲しいそうで、これを贈ると喜びます。外れの無いお菓子ですね。

京菓匠鶴屋吉信

京菓匠鶴屋吉信

甥が京都におり、帰ってくる度に、京都のお菓子を買ってきてくれます。京菓匠鶴屋吉信もその一つ、個人的には京観世が好きですね^^

福砂屋

福砂屋

これは友人が買ってきてくれました。カステラなんてどこも同じとはいかないようです。やはり値段相応だけあって、食べごたえがありました。

共楽堂

共楽堂

これはネットで見つけたもの。贈答用においしい和菓子がないかな~と探していて、偶然会ったものです。贈る前にためしに食べておこうと自分用に買いました。

マスカットを使っているからプリプリなのかな~と思いましたが、包んでいる餅がいい感じで粘り気があり、きちんと和菓子のテイストになっています。

本家西尾八つ橋

本家西尾八つ橋

これも京都の甥が買ってきたもの。京都と言ったら八つ橋位の知識しか管理人にはありませんが、少なくとも、ここの「あんなま(ニッキ)」はおいしいと思いました。

スポンサーリンク

最後に

敬老の日というと、ウチの母もなんですが、好みがうるさいんですね。下手なもの贈ると、「ありがとう」と口では言いつつも、翌日にはその辺にほっぽり投げてくれます(泣) だからもの選びは必然的に慎重になりますね。

やっぱり、無難なお菓子が一番のようで、自分の口に合わなかったら、ご近所さんに配って歩いてます(号泣)、ものだとこうはいきませんからね。

私はある意味敬老の日に関しては悟ってしまいました。妹のように子供がいるわけでもないので、孫の顔も見せられないし。まぁしゃーないかと。

敬老の日の贈り物って難しいですよね…。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました