普通自動車免許で125ccバイクに乗れる?!管理人が意見します!




「普通自動車免許に125㏄まで乗れる2輪免許を付ける」動きが、少しづつ進んでいるようですね。


確かに、今、普通自動車免許に付いている原付免許で乗れる50㏄の「原付」バイクはかなり不便な乗り物です。

法定速度30㎞って…。


だから、管理人の田舎では、車持ってる大人はまず乗りません。50㏄なんか。

(乗ってるのは、公共交通機関がなく、通学手段がない遠距離通学の高校生くらいですね。校則で普通2輪の免許取得は禁止らしくて。)


でも、車って維持費高いですよね…。

かといってわざわざ自動車免許と別に「2輪免許」取りに行く時間も費用も惜しいし。


でも、もし、普通自動車免許に125㏄まで乗れるバイク免許が付いてきたら…、法定速度、車と同じだから。

  • 車の流れに乗って走れるし
  • 維持費安いし

乗り換えを考えなくもないですよね。そこで、


  • 原付(50cc)
  • 原付2種(125cc)
  • 普通自動車
と乗ってきた管理人が、自分なりに考えた意見を書かせていただきます。どうぞご覧ください。


スポンサーリンク




普通自動車免許に125㏄まで乗れる2輪免許を付ける事に管理人は条件付きで反対!その理由とは?


ハイ!冒頭では「賛成」っぽいニュアンスの文章書きましたが、

「普通自動車免許に125㏄まで乗れる2輪免許を付ける事」に関しては、管理人、条件付きで反対します。

その条件とは、

  • メーカーが原付2種バイクにスピードリミッターを付けないこと
  • 警察庁が原付2種バイクにも2段階右折を義務化しないこと
  • 警察庁が原付2種バイクを2人乗り禁止にしないこと

です。万が一「普通自動車免許に125㏄まで乗れる2輪免許を付ける事」の条件として、


  • 原付2種バイクにスピードリミッターが付
  • 原付2種バイクの2段階右折の義務化
  • 原付2種バイクの2人乗り禁止

の縛りができ、そういう仕様の原付2種バイクばかり発売された日には、普通2輪小型限定免許持ちの管理人としてはたまったものではありません。

何のためにわざわざ「普通2輪小型限定免許」取りに行ったんだか。という話です。


「考えすぎだよ(笑)」と思われるかもしれませんが、ありえないとも限らないので。

1つずつ見ていきましょう。




原付2種バイクにスピードリミッターが付く


排気量50㏄以下の俗に「原付」と呼ばれるバイクには、時速60㎞以上になると、それ以上スピードを出せなくする、

「スピードリミッター」と言うものがついています。


建前上、原付は法定速度30㎞の縛りがあるので、問題ないように思われますが、原付が目一杯左によっても、車2台がすれ違えないような狭い道路の場合、

(管理人の住んでいる田舎には結構あります。車は時速60㎞~70㎞は出してますね)

渋滞のもとになるので、やむを得ず、スピードを出さなければならない場合があります。




また、知らない道を走っていて、いつの間にか1桁国道や、幹線道路に出てしまった場合、これも車がかなりのスピードで流れているので、

スピードリミッターが効くギリギリまでスピードを上げ、流れに乗り、交通量の少ない道路で即曲がる、という危ない思いをしなければなりません。


管理人が50㏄乗っていたときは、何度こういう目にあって冷や汗垂らしたことか…。


正直、今のスピードリミッターのない原付2種でも、1桁国道や幹線道路を走る時には、かなり怖い思いをさせられます。

管理人の田舎の1桁国道や幹線道路では、昼間で80㎞。夜になると100㎞位のスピードで平気で車が流れてますから。

原付2種乗っている方ならわかるでしょうが、このくらいのスピードになると、「フルスロットル」ですよね。


中には、タチの悪いドライバーもいて、

  • 幅寄せしてきたり
  • 意地になって追い越そうとして来たり(追い越すとき120㎞くらい出してるんじゃないですかね)

しますから。


原付2種にスピードリミッターが付くとすれば、あくまでも管理人の予想ではありますが

「時速80㎞でスピードリミッターがかかるよう」に設定されるんではないでしょうか。

そうなったらとても怖くて「原付2種」なんかに乗れません。




原付2種バイクの2段階右折の義務化


排気量50㏄の「原付」で実施されている2段階右折。「原付2種」ではどうなるか?

ないとは思います。というか「ないと思いたい。」です。でも、2017年12月現在まで得ている情報だと、

「普通自動車免許に125㏄(原付2種)まで乗れる2輪免許を付ける事」が実現した場合、

  • 講習(教習)日数は2日間にされる(2017年現在普通2輪小型AT限定でも4日はかかる)
予定なんですよね。

管理人、正直言って

「こんなんで、原付2種公道デビューさせていいのか?!」

と思います。これで原付2種の「右折時の事故が多発した日」には…。


監督官庁(警察庁?)が黙っていないでしょう。




原付2種バイクの2人乗り禁止


正直な話、原付2種に2人乗りしてる人って、まず見かけないですよね。管理人も2人乗りしたことありません。

「じゃあ、2人乗り禁止は問題ないんじゃない?」

と言いたいところですが、じゃあ、「1人乗り用」のシートが付いてる原付2種って買う気になれますか? 

管理人はなれません。


自動車だってそうですよね。特に地方だと1人1台所有は当たり前。普段1人しか乗らないのに、4人~5人乗せられる自動車じゃないと売れませんから。


また、管理人、東北在住なので「東日本大震災」を経験しています。

管理人の住んでいる場所から、市外へアクセスする道路が全部がけ崩れで、4輪車通行不可。でも、2輪車はなんとか通れたんです。


けが人や病人、高齢者の搬送、非常時には2人乗りでき、重量も軽く、道路への負担が少ない「原付2種」が重宝します。

(有名バイクYoutuberの二宮祥平さんが「非常時の最強バイクはスーパーカブ(110)だ!」とおっしゃってましたが、本当にその通りだと思います。)

やっぱり原付2種をわざわざ持っている以上、「2人乗りできる」という利点をみすみす逃したくはないです。



原付1種 原付2種の違いを解説


ここで、改めて、原付1種(排気量50㏄の俗称「原付」)と原付2種の違いを紹介していきましょう。

排気量
原付1種 原付2種
~50㏄まで 51㏄以上~125㏄まで

ナンバープレートの色
原付1種 原付2種(51cc~90㏄まで) 原付2種(91cc~125㏄まで)
白(一部地域を除く) 黄色 桃色
一部市町村では50㏄のピンクナンバーが存在するとか。うらやましい(嘘です!)


軽自動車税
原付1種 原付2種(51cc~90㏄まで) 原付2種(91cc~125㏄まで)
2,000円 2,000円 2,400円
車の10分の1以下ですね。激安!


2段階右折
原付1種 原付2種
片側3車線道路では義務(2段階右折禁止の場所を除く) 必要なし
2段階右折しないで済むってすごい大きいですよね。変な回り道しなくて済むし。


2人乗り
原付1種 原付2種
不可 可(但し2輪免許取得後1年以上経過してからが条件)
「2人乗りできる」という安心感。平常時は感じませんが、非常時にこの差は大きいです。詳しくは後で書きます。


法定速度
原付1種 原付2種
時速30㎞ 時速60㎞
「車の流れに乗れる」安心よりも「警察にスピード違反で捕まらない安心」を感じる人の方が多いかもですね。


乗れるバイク
原付1種 原付2種
原付免許・普通自動車免許で排気量50㏄のオートマ車・マニュアル車が運転可能(要講習) 2輪オートマ限定免許の場合、マニュアル車は運転できない

(マニュアル車の定義とは、「クラッチ操作を必要とする車」の事。スーパーカブは変速は手動だが、クラッチ操作がいらないのでオートマ限定免許で乗れる。)

これだけは原付1種の方が良いですかね。管理人もマニュアル車の運転を原付1種で覚えました。


標識の設置
原付1種 原付2種
不要 前は泥除け先端に白いシール。後ろはナンバー下に三角形の標識シール(但し強制ではない)
確かにつけるのは強制ではないんですが、おまわりさんにつかまる確率は高くなります。分かってもらえれば開放してくれますが、申し開きするのはものすごい「時間の浪費」だと思います。

ちなみに、私は標識をつけていたにも関わらず止められました。車の流れに沿って走っていたところを。バイクはアドレスV125G。ピンクナンバー見せて放免されましたが。

  • 車体自体が50㏄並みに小さいのと
  • 車体色が「白」だったので、おまわりさんから標識が見えなかったようで
誤認されたようです。管理人の住んでいる県警で制式採用されているバイクなんですけどね…。

駐輪場
今の都会(首都圏・関西圏・九州圏・中京圏その他地方都市。北海道圏は寒くてバイク人口は少ないと思います)
はどうかは分かりませんが、基本的に田舎は車社会なので、駐車場が満車でも駐輪場がガラガラなんてことは普通にあります。


保険
  • 自賠責保険は強制加入(車検がないので最長の5年加入が安くてオススメ。途中で解約する時は過払い分を返してもらえます)。
  • 任意保険は、本人、または家族が自動車に任意保険をかけている場合、ファミリーバイク特約が使えます。保険料はおおよそ600円/月~1,200円/月ほど。




普通自動車免許に125㏄まで乗れる2輪免許を付帯するという動きへの背景とは?


建前上は

・4輪車から2輪車へ乗り換える人が増えることによる渋滞緩和効果が期待できる
(1車線で4輪車が1台通るのがやっとなところを2輪車なら2台通れる)
・排気量が少ないので、エコ
(といってもさすがにプリウスには勝てない)
・維持費が安い
(これは激しく同意)

ということになってますが、実際のところは、2輪車メーカーが、

  • もっと2輪車を売りたい!
  • 50㏄じゃこれ以上規制されたら技術面でもコスト面でも割に合わない!

って悲鳴をあげていると言うのが実際のところのようですね。でも、

警察庁運転免許課は今年度、排気量125ccまでのバイクを運転できる小型限定普通二輪免許の取得負担軽減に向けた調査研究を実施する。

教習日程を見直し、短期間で取得できるようにすることで、免許希望者の時間的コスト負担を見直すことができるか。模擬教習によるデータ収集に基づき、有識者による検討を実施する。

調査研究の具体的な日程は決まっていない。実際に見直しが行われるかどうかは不明だが、道路交通法に関する過去の法令改定では、こうした検討が事前に行われている。

Response 2017年5月16日(火) 18時16分配信の記事より引用


という動きがあるのは確かのようで、「普通自動車免許に125㏄まで乗れる2輪免許を付ける事」に対する動きは少しずつ前進しているようです。


スポンサードリンク




最後に


いかがでしたでしょうか。

「普通自動車免許に125㏄まで乗れる2輪免許を付ける事」について、管理人が思ったことを書いてきました。

管理人が恐れていることはとにかくこの3つ

  • 原付2種バイクにスピードリミッターが付く
  • 原付2種バイクの2段階右折の義務化
  • 原付2種バイクの2人乗り禁止

この恐れがあるから「条件付き反対」の立場をとっています。


逆を言えば「この条件3つともなければ賛成!」なんです。


バイク人口が増えれば必然的にマナーは下がります。そうすれば規制が厳しくなる。

そうしたら原付2種のメリットがどんどん無くなってしまう。それが嫌なんです。


最後に、原付(50CC)の危険さを生々しく語った、某免許センターの教官が漏らした本音を書いて締めたいと思います(多少盛ってますが本当に言われました)。

管理人が原付講習をを受けに行った時の事なのでもう何十年も前です。時効ですよね(汗)。

「ほんとはね~、(法定速度)30㎞守れなんて言いたくないんだよ。かえって危ないもん!」

「こんな体むき出しのおもちゃの講習なんてしたくないんだよ。鉄の塊の車に当たられたらひとたまりもない。むざむざ死に方を教えてるようなもんだもん…。」

染みますよね~…。

スポンサーリンク

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ