ドローン操縦の練習法!DJI Phantomを例に動画で紹介







DJI Phantom(ファントム)シリーズ!

一般用途ドローンのスタンダード。世界で一番売れていて、欲しがっている人も多い機体です。


管理人も今(2016年12月現在)でこそ、1万円のトイドローンで操縦練習していますが、ゆくゆくは欲しいと思っています。


7dac98823dd48285f6294369c298d027_s_r

Phantomシリーズ、値段はそれなりに高いですが、やはり高いなりの安定性、高級感があるので、所有する喜びがトイドローンとは比べ物にならないんですね。


でも、Phantomシリーズ、高級なだけあって、今管理人が持ってるトイドローンに比べて、取り扱いがデリケートなのも事実。

  • 電源の入り切りや
  • 飛行前の設定や
  • 本体、送信機のファームウェア(ソフトのことです)のアップデート


など、そして、なんといっても

  • 飛ばし方、操縦のしかた

まだ持ってない立場から言うと、難しそうな印象を持ちます。


そんな時にYouTubeでとても参考になる動画に出会いました。

今回はその動画を紹介したいと思います。


スポンサーリンク




DJI Phantomの扱い方が分かる参考動画


これから紹介する動画は、一応ドローン全般に通用するような説明の仕方をされています。

が、

扱っているドローンが、DJIのPhantom3のため、Phantom3ユーザーにとって、とても親切な内容になっています。


2016年12月現在 DJI Phantomシリーズの最新機種は、「Phantom4 Pro」です。

ではPhantom3で説明されているこれらの動画は、古くて使い物にならないかというと、

  • Phantom3は価格を安くしてまだ販売されており、練習用に入手する人が多い事
  • Phantom4と扱い方が共通する部分が多く参考になるところも多い事

から、管理人が「まだまだ使える動画だ。」と判断して紹介することにしました。

どうぞ、お付き合いください。


ドローンの飛ばし方を動画で紹介



ドローンの飛ばし方 ステップ1 基礎知識編 




基本的に、講師である「そら工房ドットコム」廣瀬 清一さんの講義に、講義を補う分かりやすい図解をはさんだ動画になっています。


茨城県で制作されたもので、茨城県を中心に語られていますが、1分28秒からの飛行できる場所の部分はとても参考になります。

公園は国土交通省が定める飛行禁止区域でなくとも、飛行が制限されている場合が多いものです。ですから必ず公園に問合せをして確認しておきましょう。


また、航空法他、ドローンにまつわる法律の基礎についても、分かりやすく説明されています。

2分1秒から、廣瀬講師の考えるドローンの飛行限界高度120メーターの根拠が語られており、とても納得のいく内容です。


4分13秒、こちらは高度に対し、

操縦者(自分)から、半径何メートルまで離せるか、重要な目安が語られています。

必見です。


また、この動画の締めで「飛ぶものは必ず落ちる」といっているのですが、十分肝に銘じたいですね。


ドローンの飛ばし方 ステップ2 飛ばす前の準備編





33秒、 準備するものは、基本的にPhantom3、Phantom4に違いはありません。


40秒、プロペラにはつける位置があります。Phantom3、Phantom4、少々違うんですが、

黒とシルバーで色分けされているところは共通です。


2分00秒、 廣瀬講師は触れてませんが、バッテリーにナンバーがふられています。

これは、何本もバッテリーを使うとき、見分けをつける。ということに役に立ちます。


2分56秒からのアンテナの向きは重要です。管理人もこれは勘違いしそうになりました(汗)


3分58秒、送信機、ドローン本体の電源を入れる順番です。 どちらからでもいいものではないので注意です。


7分56秒、コンパスキャリブレーション。Phantomの本体の中のコンパスを補正する作業です。

Phantomオーナーの間では、このぐるぐる回る動きを通称”儀式”と呼んでいます。

その位、重要な作業ですので、忘れないようにしましょう。


コンパスキャリブレーションのLEDの色や点灯の仕方は、Phantomの機種によって違う可能性がありますが、

8分41秒からのスマホモニターを使ってのコンパスキャリブレーションはPhantom3、Phantom4共通のようですので、参考にできるでしょう。


ドローンの飛ばし方 ステップ3 実際に飛ばしてみよう編


ドローンの飛ばし方 ステップ3 実際に飛ばしてみよう編 YouTube


いきなり11秒で重要な事が出てきます。それは自分の立ち位置。これは管理人、気付きませんでした(汗)


動画右下にコントローラーのスティックの解説が出てきますが、モード1で解説していますね。

これは一部異論もあるのですが、管理人は初心者が教わるときは、モード1で教わるのがスムーズだと思っています。


詳しくは、ドローン モード1モード2の特徴!管理人が選んだのはを、参照してください。


2分14秒 
「この状態でもし、ふらふらしたリ、止まらないという場合には、最初から、スタートからやり直ししてください。」

と言っていますが、このスタートからとは

ドローンの飛ばし方 ステップ2 飛ばす前の準備編 YouTube

の事ですね。


5分36秒 ここ、重要な事を言っています。体に覚えこませるということですね。


7分40秒 ゴーホーム機能、一度やってみないと、本当に戸惑いそうになりますね。


e2856691c861acee40fa28a407379ad6_s_r

ドローンの飛ばし方 ステップ4 空撮をしよう編


ドローンの飛ばし方 ステップ4 空撮をしよう編 YouTube


12秒、ドローンが大空を自由に駆け回り、空撮させられるようになるのも、まずはこの一歩から。地道ですね。

1分45秒 大事な事を言ってます。やはり最初は空撮は難しいものなのですね。


両方とも、基本的に、ドローンの後ろに回って、撮影しましょうという事を言っているのですが、

被写体の周りを回るようなアングルで、撮影することに憧れますよね。


でも、あれは、上級者のテクニック。操作もままならない初心者が、ドローンを旋回させたら、間違いなく、どう操作すれば分からなくなります。


下手すれば、操作ミスで、被写体に激突…ということもあり得ます。

物でも傷つけるだろうし、人間だったら大惨事です。


操作に慣れるまでは、この動画の言うことを守った方がいいですね。


47ff5269677e79e3c7946b7fa18e32a5_s_r

ドローンの飛ばし方 ステップ5 維持管理編


ドローンの飛ばし方 ステップ5 維持管理編 YouTube

この動画シリーズには最後のステップ5としてPhantom3のファームウエアのアップデート方法が紹介されています。

が、

これは、参考資料程度に見ておいてください。管理人が調べてみたところ、Phantom3とPhantom4のファームウエアのアップデート方法が違うということも分かりましたし、

Phantom3の中でも

  • Phantom3 Standard
  • Phantom3 Advanced
  • Phantom3 Professional
       
と、各モデルによっても、ファームウェアのアップデート方法が違うという情報も入ってきています。なので、確定情報を伝えられない以上、

参考資料程度に見ておいてください。

としか言えないのです。申し訳ありませんm(_ _)m


スポンサードリンク




最後に


いかがでしたでしょうか。ドローン、特にDJIのPhantom3の取り扱いに役に立つ動画を紹介しました。


「DJIのPhantomシリーズの最新機種はPhantom4 Proで、今更Phantom3の動画なんて古いんじゃない?!」

という声も聞こえてきそうですが、Phantom3はまだ売られていますし、値段も手ごろになりましたので練習用には最適なモデルです。


ドローンスクールに行った時、講師の先生がおっしゃってました。

「いや~今まで、Phantom 3台は墜落させましたかね~(笑)」

…って笑い事ではありません! 危険というのももちろんありますが、損害額もすごいでしょう。数十万は、つぎ込んでいることになりますね。さらに講師の先生が言うには


「とは言っても、墜落させないなんて、まず無理ですよ。Phantom 何台も墜落させて、そうやって”ウデ”磨くもんなんですから。」


となると、練習用に、値段のこなれた、Phantom2かPhantom3を。と思うところですが。


Phantom2もちょっと取り扱いを間違えると、一度も飛ばさず、故障してしまうんだとか。

この動画をご覧ください。Phantom2で絶対にやってはいけないこと! YouTube

プロペラガードを付けるネジを間違えただけで、モーターのコイルがおかしくなり、回転しなくなるんだそうですね。


こういうの見ると、少し高くてもPhantom3にしておこうかな…。とは思いますよね。


こうやって考えてみると、ドローンも消耗品なんですね。


Phantom 欲しいですが、

  • Phantom2
  • Phantom3
  • Phantom4
  • Phantom4 PRO

初めてのPhantomは、どれを買えばいいのか、ドローンスクール講師の先生に相談したいと思います。




スポンサーリンク

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ