それ 咽頭がんの症状かも!初期でみつけて治療しましょう




「咽頭がん」

忌野清志郎さん、坂本龍一さん、つんく♂さん
がかかった病気ですね。


忌野清志郎さんはなくなられました。
坂本龍一さんとつんく♂さんは音楽活動を中止して
治療に専念しています。


(ちなみにサザンオールスターズの桑田圭祐さんは食道がんでした。)


かかった有名人の方を見ますと音楽関係者ばかり
坂本龍一さんをのぞいてはボーカリストで、のどを酷使した人が
かかりやすい病気のように思われますが、あながちそうとも
言えなさそうです。


ヘビースモーカー、大酒のみの人もなりやすいといわれています。
ヘビースモーカーの人はたばこの煙でのどに負担をかけ、
大酒のみの人はアルコールでのどに負担をかけてますから。


スポンサーリンク




咽頭がんとは


「そもそも咽頭とはどこ?」から行きましょう。


咽頭とは、鼻の奥から食道までの、食べ物と空気の両方が通る部位で
上咽頭、中咽頭、下咽頭に分かれています。


上咽頭はいわゆる”のどちんこ”
中咽頭は口を大きく開けたときに見えるのどちんこの向こう側の穴
下咽頭は声帯を含む食道と気管の分かれ道あたり。



で、


上咽頭、中咽頭、下咽頭のどこに悪性腫瘍ができたかで、


上咽頭がん
中咽頭がん
下咽頭がん


と呼ばれます。で、初期症状はというと、


咽頭がんの初期症状ってどんなの?


咽頭がんというくらいなので、やはりのどに症状がでます。

・声がかすれる
・のどに異物感を感じる
・食べ物が飲みにくくなる


など。


もうちょっとひどくなると

・声ががらがらになる。
・風邪をひいて声が出なくなった状態に似た症状
・咳が止まらない
・のどが痛い


という症状が出てきます。
こうして症状を並べてみると本当に風邪と区別がつきませんね。


ただ、風邪なら、長くても数週間放っておけば治ります。
出来れば1週間放っておいて、まったく治る気配がないなら、
内科の医者にかかっておいた方がいいでしょう。


風邪なら、風邪でよかったし、咽頭がんなら
医者にかかることで早期に発見できます。


スポンサードリンク




どの病院にいけばいいの


094734


前述したように症状が風邪に似ているので、まずは内科に
かかって頂きたいです。



内科で、風邪と診断されれば、注射を打ってもらうなり、
飲み薬をもらうなりして、そこで終わりですね。


ただし、その内科で、当然、のども見てもらうことになるので、
内科のお医者さんが、のどの異常に気づくことは十分あり得ます。


そこで内科のお医者さんが、異常に気付いたら、
「耳鼻咽喉科へ行ってください」と言ってくるでしょう。


内科では、十分診る事が出来ないとお医者さんが判断しての事です。


そして、近所の耳鼻咽喉科で診てもらい、咽頭がんの疑いが
あるとすれば、紹介状を書いてもらい、大きな病院で検査です。



この順番になるはずです。この順番がいいですね。
最初から大きな病院に行ってもただの風邪だったり
したら病院、患者、両方が時間のの無駄ですもんね。


もちろん、1か月以上も放っておいてしまって症状が改善されない、
または悪化している。という場合は大きな病院に行くのもいいでしょうが、
それでも普段から、たばこをやたら吸っていたり、大酒のみなら、
症状が改善しないことは十分ありうるので。


やはり、内科から順番に行くことをおすすめします。


最後に


咽頭がんというと、内臓にできるがんと違って軽いイメージを
勝手に持ちがちですが、頸部リンパ節が近くにあり
転移しやすく進行が早いという特徴があります。



ですから坂本龍一さんも、つんく♂さんも咽頭がんと分かった時
すぐにすべての活動をやめて、治療に専念するという選択を
したんでしょう。


リンパ節に転移すると、進行は一気に速くなりますからね。
がんの中でもかなり怖い部類に入るでしょう。



場合によっては手術で声帯を摘出する場合もあるようですが、
声が全く出せなくなりという事はなく、リハビリで声は
出せるようになるそうです。


ですので、

・声がかすれる
・のどに異物感
・食べ物が飲みにくくなる
・声ががらがらになる
・風邪がひいて声が出なくなるような症状。
・咳が止まらない
・のどが痛い


という症状がでたら、放っておかずに早めに内科を
受診しましょう。


それで、ごく初期の段階で、咽頭がんの進行を食い止めたいものです。


スポンサーリンク

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ