美容院に初めて行くなら!男向きの注文方法を知っておこう




今や、若い男子で髪の毛を切りに”床屋”へ行く人は、すっかり少なくなってしまいましたね。じゃあどこに行ってるかというと美容院。


早い人では高校生で行ってますもんね^^;私、今アラフォーですが、床屋を利用しています。それでも20代~30代は美容院を利用していましたよ。


でも…、私だけかな~、初めての美容院って異常に緊張しませんか?男にとっては。最近でこそ男子にも入りやすい雰囲気のお店が増えましたけど、私の20代のころは、本当に”女子の花園”って感じで、「居ていいのかな…俺」とか思っちゃたりして^^;


それでも、何とかおしゃれな髪型にしてもらいたかったから。緊張しながら順番待って。


それで、いざ順番がまわってきたとき、「どんな髪型にしますか~?」と聞かれて、私、やらかしちゃったんですよ。


「え~と…全部お任せします…(汗)」と言っちゃいました。顔真っ赤にしながら。もう美容院初心者まるだし。恥ずかしかったですね(笑)


今だったら「こんな感じにしてください」ってスッと言えますけど。


そこで、今回は初めて美容院に行く人のために、どういう手順を踏めばいいか、お知らせしたいと思います。


スポンサーリンク




髪型の注文のしかた


髪型に関しては、結論を行っちゃえば、雑誌の切り抜きとか、ネットの画像とか持ってって、美容師さんに


「こんなイメージの髪型にしてください。」


というのが、一番スムーズで、美容師さんも分かりやすいのですが。ちょっと恥ずかしいという人もいるみたいですね。そんな場合は、


  • 耳まわり・もみあげ
  • 後ろ・襟足
  • 前髪
  • てっぺん(トップ)

と分けて決めていきます。が、


そのイメージができていたら苦労なんてしませんよね。でも、ここが床屋と違うとことなんですが、美容院はおしゃれなスタイルを作る場数を美容師さんが床屋さんより格段に踏んでいる点。


ヘアスタイルの名前を言えば、あなたの頭に合うようにある程度まではやってくれます。ので、そんな時に、オーダーしたいのが


ショート
アシメ


の2つの髪型。美容院デビューの髪型としては、格好の髪型だと思います。ちなみにアシメとはアシンメトリー(左右非対称)の意味です。



美容師さんはプロ。相談しながらやっていこう



じゃあ髪の毛は「ショート」「アシメ」にするとして、決まりましたと。次にどう切ってもらうかですよね。


まず、真っ先に美容師さんに言うこと、


「美容院が初めてなんです。何もわからないんですが、よろしくお願いします。」


これを必ず言うこと。見栄を張って知ったかぶりをしないように! 言わないと、とんでもないスタイルにされる確率大です。次に、


「ショートでお願いします。」
「アシメでお願いします。」


のいずれかを言いましょう。それから、画像はやっぱり持って行ってほしいですね。恥ずかしいのは分かりますが。じゃないと、


初めてで「ショート」とか「アシメ」とか言って、美容師さんはある程度まではやってくれると思いますが、仕上がった時のちょっと違う感はぬぐいきれないと思います。それでその画像をもとに、


  • 耳まわり・もみあげはどうしますか~。
  • 後ろ・襟足はどうしますか~。
  • 前髪はどうしますか~。
  • てっぺん(トップ)はどうしますか~。

と美容師さんが聞いてくると思います。その時、あなたはどうすればいいのかわからないでしょう。そういうときこそ、


「どう切るのがいいですかね~?他の方はどうしてるんですか?」


と、美容師さんに相談するんです。美容師さんはプロですから、必ずいくつか提案してくるはずです。それに答えていけばいいんです。


スポンサードリンク




セットのしかたを聞いてくるのを忘れずに。



美容師さんは、プロです。美容院ではワックスなどの整髪料を使って、イケてる頭にしてくれます。問題はあなたが自分の頭を洗ってしまって、セットを落としたときですよね。


さあ!!、どうセットすればいいのかがわからない!!


緊張してるのはもっともですが、どんなワックスや整髪料をつかって、どうセットすればいいのか、忘れずに聞いてくるようにしましょう。


a0002_007465


店選びは大型店がおススメ


私の住んでいるところは人口3万人の田舎です。それなのに、美容院と歯医者は両手両足で数え切れないほどありますね。ちょっと特徴を言っていくと、


駅近くの大型店


ちょっと入りにくい雰囲気はあるけれど、お客さんの数も多くて、美容師さんの数も多い。店構えはおしゃれ。イケてるヘアスタイルにしてくれそう。


個人経営の店


そこかしこに見かける、小さい店、店内はのぞけないことが多いので、どんなお客さんがいるのか分からない。店構えは、ぶっちゃけミセス向けだが入りやすそうな雰囲気はある。




ネットで調べると、全国的にその傾向があるようですね。この美容室乱立状態から、いかにあなたに合った美容室を見つけるか。難しいところではあります。


友人、知人、親、親戚、知り合いなどの口コミがあれば最高なんですが、知り合いの一人もいない地に仕事で来ているなんて言う方もいるでしょうから、口コミに頼れないということもあり得ますし。


但し、私が見た限りでは、お客さんが多い、流行っている店、大型の店舗は、駅の近くにある傾向が多いですね。


お客さんにも男性の姿もちらほら見かけますし。最初に行くなら一人で経営している店よりは、駅近くの、スタッフ数人いる大型店のほうが入りやすいと思います。そして、行く店が決まったら、予約を入れましょう。



最後に


初めての美容院で、いかにテンパらないで、美容師さんに髪型を頼めるかを書いてきました。


そういえば、美容院っていうと、予約を取ってやってもらうというイメージがありましたが、私が行ってたところは、予約なしでもやってくれてましたね。


美容師さんの方から、「今日はどうしますか?」と聞いてくるので、私の場合はショートとかアシメとかいうガラじゃないので、


  • サイド、後ろは刈り上げない程度に短く
  • 前髪は眉にかかるくらい
  • てっぺんはやや短め

  • あとはお任せ^^


    って、オーダーでやってもらってました。無精者なので、頭洗ったら、ドライヤーかけるだけで済むような頭にしてたんですね。


    「それなら床屋でもいいんじゃない?」


    という声が聞こえてきそうですが、やっぱり20代~30代は洒落っ気があったので、見栄はって美容院行っていました(笑)


    初めて行った美容院の思い出…、今でも顔から火が出そうです。恥ずかしいことやってたなと。


    あなたには、そんな思いをしてほしくないので、参考になればと、この記事を書かせていただきました。少しでもお役に立てれば幸いです。


    スポンサーリンク

    コメントを残す




    サブコンテンツ

    このページの先頭へ