車のキーレスの値段!新しく作るのにかかる費用は?




車のキー、キーレス化が進み、便利になりましたね。車にもよりますが、便利なものだと、キーレスを取り出さずに、ドアノブのボタンを押すだけで解錠、施錠、エンジン始動までできるようになっています。


こんな便利なキーレスですが、ひっくり返してみてみると、一種の電子機器なわけです。取り扱いには十分な注意を払わなければならない。特に

  • 落とすなどのショックを加えたり
  • 水につけてしまったりするのは


  • 絶対に避けなければいけません。ところが…、やってしまうんですよね。何かの拍子にポケットから落としてしまったり、トイレの時なんかに、トイレに落としてしまったり、


    thumbnail_unhappy_woman


    とどめは洗濯です。洗濯するとき、十分にズボンを改めなかったために、知らないうちに洗濯してしまっていた…。ありうることです。


    先日、私、やらかしちゃいました…orz そのやらかしちゃったこと、どういう処置をしたか、いざというときにどういう対処をすればいいかを、書いていきたいと思います。


    スポンサーリンク




    キーレス洗濯しちゃいました…orz


    先日、やってしまいました(大汗) 洗濯をしていて、洗濯が終わったズボンを取り出してみると、なんかポケットに固いものが入っている模様。


    「なんだろう…」


    と思って、取り出してみたら、大ショック!! 車のキーレスのキーでした! もう頭の中はパニックです。


    「やってしまった!!」


    あわてて、動作するか確認したところ、幸いなことに、解錠、施錠、エンジンの始動ともできたので一安心。運が良かったです。


    でも、一旦は水につけたもの。いつまた動作不良を起こすかわかりません。怖くなって、動作不良を起こしたら、どうなるか、どうするべきか、ディーラーに電話をして調べもしました。


    その他にもいろいろとやってみて、現在のところ、動作不良も起こすことなく、平穏に過ごしております。
    そこで、キーレスを水につけてしまった場合、どう対処すればいいのか、書いていきたいと思います。



    動作不良を起こしたら、最初にやること


    私はダイハツムーブ(L175S)にのっているのですが、まず、やることといえば、キーレスの水気を取るために、


  • 分解してドライヤーをかける。
  • 分解した状態で自然乾燥する。


  • をやります。分解の方法はメーカーによっても違うんですが、以前、キーレスの電池交換をした時分解をしましたので、その記事を載せておきます。分解の時の参考にしてください。


    キーレス電池交換の方法 例 ダイハツムーヴ(L175S)


    これで動作するようになってくれればバンバンザイ! 車は動かせるようになります。もし「今は動いてるけど、また動かなくなった時のために、念のためディーラーで見てもらいたい。」という場合は、ディーラーにキーレスと車を持ち込んで相談ですね。


    でも、ディーラーでやってくれることといえば、動作している以上、電池交換位かもしれません。


    スポンサードリンク




    スペアキーがあれば一安心


    もし、ドライヤーをかけても、自然乾燥しても、動作しないという場合は、キーレスの交換となります。ちなみに、ダイハツに電話して聞いてみたところ、キーレスのキーを新しく作る場合は、車の設定も込みで、1万2~3千位とのこと。


    紛失の時は1万5千~2万円なので、やはりキーレスのキーが手元にある分安くなってますね^^


    それと、スペアキーはありますか? 


    車によっても違いますが基本こういうの
    IMG_0222


    スペアキーがあれば、キーレスが動作しなくても、スペアキーでドアの解錠、施錠、エンジンのスタートができます。スペアキーでエンジンをかけて車を買ったディーラーか、中古車で買った場合は、最寄りのディーラーまで車を持っていきます。


    スペアキーは大事に保存しておいてくださいね。もし、スペアキーがないということになると、


  • JAFに頼んで、ディーラーまで車を搬送する費用
  • JAFに頼んで、車を解錠する費用


  • がかかります。なぜ解錠が必要かというと、車のキーナンバーが、車を解錠しないと分からないからです。


    ちなみに、キーレスを紛失した時にかかる費用はこちらでお知らせしています。

    車のスマートキーを紛失したら!必要経費おしえます


    最後に



    いかがでしたでしょうか。最近の車のキーは、車に挿して始動するというものではなく、ポケットやバッグに入れっぱなしで、解錠、施錠、エンジン始動ができるので、ついつい、特にポケットに入れておいたことを忘れてしまいがちなんですよね。


    それで、気が付かずに、洗濯してしまう。


    でも、やはり、外に持ち出すものだから、落としてショックを与えたり、水たまりに落として水濡れさせてしまったり。ということに耐久力を持たせてあるのかもしれないですね。


    本当に、キーレスを洗濯してしまった時は、慌ててしまいました。幸い動作したからよかったものの、もし動作不良を起こしていたら、
    やっぱり乾かして、動くようになることを、大げさですが神様に祈ります。


    ただ、キーレスの交換が1万2~3千円と聞いて「意外と安いもんだな」と思ったのは事実。ちょっとほっとしたことでもあります。


    但し、スペアキーは絶対に無くさないでくださいね。もしスペアキーがないと、JAFのロードサービスで、スペアキーを作る何倍ものお金がかかってしまいます。


    私も、スペアキーは、部屋の目につくところにかけてあります。下手に引出しに入れようものなら、いざというとき忘れてしまい、

    「どこだ~!!」

    と大騒ぎすることになるので。


    car_jutai

    スポンサーリンク

    コメントを残す




    サブコンテンツ

    このページの先頭へ