仙台 八木山ベニーランドへのアクセス方法は?わかりやすく説明




八木山ベニーランドは、仙台の八木山(やぎやま)という山にある遊園地で、仙台海の杜(もり)水族館、仙台アンパンマンミュージアムなどと並んで、仙台で人気のあるアミューズメントパークです。

アトラクションは、そんなに派手なのはないですが、幅広い年齢層が楽しめるものがそろっています。家族連れはもちろん、カップルにもおススメです。


yuenchi_merry_go_round


アクセスは自家用車という手はもちろんあるんですが、土日祝は道路、混むんですよね。

ベニーランドも駐車場待ちが発生しないという保証がないのと、周辺駐車場が少ないので、管理人としては、公共交通機関をおススメしたいところです。


それに、中学生や高校生じゃ、自家用車でというわけにはいきませんしね^^;


なので、ここでは、公共交通機関にフォーカスして、アクセス方法を紹介したいと思います。


スポンサードリンク




地下鉄東西線が開業してとても便利になりました


2015年12月に地下鉄東西線が開業し「八木山動物公園」という駅ができました。所要時間仙台駅から12分。仙台駅からの運賃300円(2016年5月現在)

八木山動物公園は駅と直結、八木山ベニーランドも徒歩5分という好立地に出来、今までバスでしか行けなかった八木山がとても行きやすいところになりました。


八木山動物公園駅から八木山ベニーランド・八木山動物公園東門までの道のり。



  1. 改札を出たら、東1・2出口へ向かいます
  2. 地上に出るとバスプールになっていて、一瞬出口が分からなくなります
  3. が、真後ろを振り返るともう一段階段、エスカレーターがあります
  4. そこを登ると、道路に出ますので、向かって左側へ進みます
  5. およそ徒歩5分で八木山ベニーランドへ到着です


八木山動物公園駅から八木山動物公園西門までの道のり



  1. 改札を出たら、エレベーターを探します
  2. エレベーターに乗って5階(屋上)へ
  3. 出ると広場があり、すぐに動物園の西門があります


余談ですが、この屋上、動物園閉門後の夜景がとてもきれいです。今後デートスポットとして注目されると管理人は思っています。


地下鉄東西線の開業でバスはどうなったか?


地下鉄東西線の開業で、バスがどうなったかというのは注目するところですが、廃止はされていません。ただし、運賃が片道260円から300円(2016年5月現在)に上がり、

所要時間も22分から25分位と地下鉄の倍かかるので、使うメリットはなくなりました。

また、ゴールデンウィークにヤマダ電機LABI仙台前乗り場から運行されていたシャトルバスも廃止されました。

一応乗り場図は載せておきます
仙台駅前バス乗り場図


最後に


いかがでしたでしょうか。地下鉄の開業で、八木山が一気に近くなりました。

余談ですが2016年のゴールデンウィークには、地下鉄東西線を利用して八木山動物園に来園されたお客さんには、入場料が大人400円から、100円になる割引券を配っていたようです。

ベニーランドも地下鉄東西線の開業で一気に行きやすいところになりました。今度の休日に行ってみてはいかがでしょう。ただし、冬期は休園日があるので、要チェックです。

八木山ベニーランドインフォメーション

スポンサーリンク

コメントを残す




サブコンテンツ

このページの先頭へ