切符を紛失してしまった!時に絶対やっておくこと




先日…やってしまいました。新幹線の切符を無くしてしまったのです。


東京への一泊旅行した時のことです、天気にも恵まれ、趣味の楽器屋めぐりもでき(ちなみにトランペットです)ビジネスホテルで、くつろいでいた時の事。


「そうだ、明日の帰りに備えて、切符見ておこう」


と思ったのが事の始まりでした。


「あれ…、あれ?! 帰りの新幹線の自由席特急券が、…ない…。」


b80f41886eb472265fc7e1bd6fe0c17e_s


直前にビジネスホテルの部屋で、買い物の時に出てきたレシートなど、ゴミになりそうなものを、一斉に整理していました。その時に紛れたか、とゴミ箱も全部ぶちまけて探しましたが、見つからない。


私は切符などのような貴重品は財布にまとめて入れるようにしているので、財布の中も何回も探したのですが…ない…。夜も更けてきて眠気が襲ってきたので、悶々とした気持ちながら、「明日になれば出てくるだろう」という楽観的な気持ちも手伝って、その日は横になりました。


そして翌日。やっぱり見つかりません。


  • ゴミ箱をもう一度ぶちまけた。
  • カバンの中身もぶちまけた
  • 当然財布の中身も何度も確かめました。


  • でも、見つからず…orz


    最後の最後、東京駅の新幹線改札のところでカバンと財布を見ましたが見つからず…。


    新幹線の終電の時刻が迫っていたので、あきらめて特急券を買いました。その時は、これから説明することが可能だなんて知らなくて、「5000円ちょっと損したな…」という思いでいっぱいで、本当に何も思いつきませんでしたね。


    そして、1週間後、財布の整理もかねて中身をごそごそとあさっていたら…、出てきました!!新幹線特急券が!!この時は全身脱力しましたね。「ああ…やっぱりあったか。」と。


    その後にふとしたきっかけで、


  • 切符を紛失した場合
  • 紛失した切符が見つかった場合



  • ある手続きをしていれば、紛失した切符の料金が戻ってくるということを知りました。この時は”その”手続きをしていなかったので、料金は返ってこなかったのですが、今度、万が一切符を無くした時は、絶対に活用しようと思いました。


    その手続きをお知らせします。


    スポンサーリンク




    買いなおす前に駅員に「切符を無くした」の一言を



    まず、切符を無くしてしまったら、買いなおさなければいけないのは、確かなんです。残念ですが、そうしないとキセル扱いになりますから。ただし、切符を買いなおすときは自動券売機ではなく、新幹線ならみどりの窓口など、有人のところで買いなおすようにしてください。そして、このように一言添えるんです。


    「実は、切符を買ったんですが無くしてしまって、もう一度買いなおすんです。再収受証明いただきたいんですが。」と


    そうすると駅員が再収受証明に関しての案内をしてくれます。


    a1180_013390


    再収受証明付きの切符を必ず買うこと



    そして切符を買うときは再収受証明付きの切符を買ってください。もしも後日、無くした切符が見つかった場合、再収受証明付きの切符と、無くした切符を駅にもっていけば、払い戻しが受けられます。そのためには再収受証明付きの切符を手元に残す必要があるので、自動改札ではなく(切符が回収されてしまうから)有人改札を抜ける必要がありますね。


    尚、払い戻しには乗車券220円、指定券330円の手数料がかかります。また回数券(金券ショップで買ったもの)や 定期券は払い戻しの適用を受けられません。


    スポンサードリンク




    払い戻し期限は再購入日から1年です。



    私が新幹線特急券を見つけたのは紛失してから1週間目の事でした。再収受証明の事を知っていれば、払い戻しができたわけですね。でも、たとえばめったに使わないバッグに切符が紛れてて、ふと部屋の掃除でもしようと思った時に切符が出てきたなんていうときは危険ですね。


    なぜなら、1年を越えてしまっていることが結構あるから。


    払い戻し期限は購入日から1年間です。たとえば1月1日に買ったとすれば12月31日が期限となります。新幹線の特急券などは結構いい値段がするので、必死に探したほうがいいかもしれません。


    3ad81f109966f08441b11be2ec5a7a62_s


    最後に


    いかがでしたでしょうか?


    私もこういう制度があると知った時にはぶっちゃけた話、歯ぎしりをして悔しがりました。切符を無くしたことが2回や3回ではないので。今でも切符を買ったらポケットや財布に入れず、ずっと手に持ってます。普通乗車券なんて、あんな小さな紙切れすぐになくしますから。


    新幹線特急券も無くしてからは、しばらく怖くて往復では買えなかったですね。でも、この再収受証明で払い戻しができると知ってからは、安心して買えるようになりました。私の新幹線の最寄り駅に「パークアンドライド」というシステムがありまして、新幹線乗車券、新幹線特急券をある程度の距離を”往復”で買うと、駐車料金無料の専用駐車スペースに入れられるというものなんですね。


    新幹線駅まで車しかアシがないもんで、これがすごく重宝するんですよ。でも、また新幹線特急券を無くすのが怖くて、駐車料金を払う方が安いから(1日500円)と新幹線特急券を片道で買っていたんですが(乗車券は週末パスという1枚もののお得な切符を使ってるんですが関係ないので割愛)再収受証明を知ってからは、新幹線特急券を往復で買うようになりました。


    再収受証明があれば1年間ゆっくりと切符を探すことができます、落ち着いて探すと、切符って意外と出てくるもんです。無くしたからと言って、隣駅から乗りましたとか慌てて言わない様にしてくださいね。キセルがばれると料金3倍とられます(行先までの乗車券・特急券+2倍の罰金)


    切符を無くしたら、慌てずに駅員さんに無くした旨伝えて再収受証明付きの切符を求める。


    覚えておきましょう^^

    スポンサーリンク

    コメントを残す




    サブコンテンツ

    このページの先頭へ